WEB VISION OKAYAMA

業界大予測[中古車販売]シティライト社長 丸山明氏

玉不足解消で改善 広がるネット活用

 消費意欲は依然低調で、販売台数は前年並みにとどまった。軽自動車から普通車へ需要がややシフトし、単価は幾分上昇。買い取り、オークションは伸びた。

 17年は、ディーラーの新車販売台数に回復が見られ、新型車の相次ぐ投入で下取り車による玉不足解消が期待できることから、ようやく改善しそうだ。

 近年、中古車検索サイトを活用した販売の割合が増加している。店舗でのセールスと同様に商品情報の充実と見せ方の工夫で差別化を図ることが重要だ。当社でも大手検索サイトと提携する会員制販売支援サービス「LAP」事業を強化していく。また買い取り店を中心に店舗展開を強化し存在感を高めていきたい。

[アベノミクスへの評価・期待]

消費マインドの改善へ景気回復を実現してほしい

[業況予想]上昇

本誌:2017年1.1号 47ページ

PAGETOP