WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル富士ゼロックス岡山

35周年記念しフェア 2日間で820人来場

  • 注目を集めた新型複合機

 富士ゼロックス岡山㈱(岡山市北区今4-14-26、藤田康史社長、資本金3000万円)は昨年12月6、7の両日、コンベックス岡山で設立35周年を記念した展示会「うきうきウィンターフェス」を開き、820人が来場した。

 「働き方改革を支援する」をテーマに、出先や自宅でも仕事できるクラウドサービスやペーパーレス化支援などさまざまなソリューションを展示。12月に発売した新型デジタルカラー複合機を初披露し、紹介ブース、プレゼンコーナーともに注目を集めていた。

 セミナーでは、日本マイクロソフト㈱エバンジェリストの西脇資哲氏によるプレゼンテーション講座が定員を上回る参加があるなど盛況だった。同社では「展示会だけでなく、経営者向けセミナーなどさまざまなイベントを企画し情報発信したい」としている。

PAGETOP