WEB VISION OKAYAMA

業界大予測[信用金庫]おかやま信用金庫理事長 桑田真治氏

マイナス金利響く 岡山ブランド育成

 県下の信用金庫は、マイナス金利の影響で厳しい状況である。貸出金は新規開拓に力を入れ微増だが、既存先は上位行も巻き込んで小規模業者にまで争奪戦が続き、利ザヤは縮小している。預かり資産営業では運用難で貯蓄型保険が相次ぎ販売中止となりニーズはあっても供給はままならない。17年もこうした状況は続くと予想する。

 県内景気は非製造業を中心に多少上向いており法人預金は増加している。半面、今まで資金需要がおう盛だった不動産も今後は減少に転ずるとみられる。また、深刻な人手不足が景気に与える影響も懸念される。

 県下信金の合同ビジネス交流会は今年で13回目となる。参加企業同士のコラボ商品も増え岡山発ブランドとして育成したい。

[アベノミクスへの評価・期待]
 
ローカル・アベノミクスで好景気の地方への波及期待

[業況予想]横ばい

PAGETOP