WEB VISION OKAYAMA

業界大予測[ブライダル]岡山ウエディング協議会会長 磯島祐子氏

婚礼組数は横ばい 挙式率向上に注力

 昨年の婚礼組数はほぼ横ばい。「ゲス不倫」など結婚に対しネガティブな話題が多かった中で健闘した印象だ。晩婚化が進む一方で、こうしたカップルほど両親に苦労をかけたという意識が強く、挙式で感謝の気持ちを表す趣向を取り入れるところが多い。そんなカップルの思いをかなえるためにも、協議会として婚礼スタッフの教育に取り組んでいきたい。

 17年以降、微減傾向が続くとみられるが、県下では婚姻届を出すカップルのうち挙式するのは60%程度と、開拓できる余地は多い。協議会では、挙式の意義や魅力を伝える活動にも取り組んでおり、今年はファジアーノの試合会場での模擬式を開催する予定だ。活動を浸透させることで、挙式率アップにつなげたい。

[アベノミクスへの評価・期待]

女性の働きやすい環境づくりへの施策に期待

[業況予測]横ばい

本誌:2017年1.1号 71ページ

PAGETOP