WEB VISION OKAYAMA

業界大予測[ホテル]ホテルグランヴィア岡山社長 森本昌弘氏

イベント多く好調 インバウンド期待

 デスティネーションキャンペーン、瀬戸内国際芸術祭などの大型イベントや全国規模の各種大会が多く、香港や台北の定期線就航も追い風となり、宿泊は非常に好調だった。特にJR岡山駅周辺のホテルでは、年間通じて高稼働で推移したはずだ。

 宴会は、企業や団体のパーティーなどの利用で堅調に推移。一方、婚礼は競争が厳しく苦戦し、料飲は横ばいだった。

 2017年は、インバウンドで県が取り組む欧州からの誘致策や、岡山市の東南アジアのムスリム観光客誘致に注目。特にムスリム誘致は、ホテルグランヴィア京都が国内でいち早く取り組んだ実績がある。ノウハウを生かし岡山市との連携も検討していきたい。

[アベノミクスへの評価・期待]

インバウンド事業の施策や民泊普及策に注目

[業況予測]上昇

本誌:2017年1.1号 67ページ

PAGETOP