WEB VISION OKAYAMA

業界大予測[リハビリ・介護機器]オージー技研社長 奥田宏氏

報酬改定の影響大 提案で差別化推進

 診療報酬の大幅なマイナス改定があり、診療所や接骨院などの医療機器市場が縮小した。拡大傾向にある介護市場も前年の介護報酬マイナス改定の影響に加え、人手不足が深刻で、業界としては厳しい年となった。

 2018年に診療・介護報酬の同時改定が予定されており、機器マーケットは様子見の傾向が強まるだろう。顧客の環境が厳しいときこそ提案力で差別化が進み、業者の淘汰も進む。

 特養や民間デイサービスなどは「介護者の負担軽減」や「機器の小型化」が求められており、オージー技研では近く業界最小クラスの車いす入浴装置を発売する。介護施設の管理職向けマネジメントセミナーも本格化し、介護現場の定着率向上を支援していく。


[アベノミクスへの評価・期待]

消費増税は実施すべきだったが政治安定の意義は大きい

[業況予想]上昇

本誌:2017年1.1号 33ページ

PAGETOP