WEB VISION OKAYAMA

業界大予測[婦人服販売]サキヤクリエイト会長 佐々木正明氏

アパレル離れ深刻 店員の個性を磨く

 温暖化の影響で、春・秋物や防寒衣料が売れない。また、価値観が多様化しアパレル関連にお金を使わない若者が増えている。低価格ブランドが人気を集めたことでバーゲンセールに対する関心が薄れたほか、消費者の感性が同質化し以前ほど流行りを追う人が減っていることも要因の一つだ。

 さらに、アベノミクスの規制緩和で国内外の大手ブランドが全国各地に進出し、既存の中小企業や個人店は太刀打ちできず倒産や合併に追い込まれ、業界自体が収縮している。

 2017年も消費が伸びる要素はない。人材不足もあり、個性ある店員の育成とおもてなしサービスに力を入れ、ファンを増やし前年実績を確保したい。

[アベノミクスへの評価・期待]

一定の評価はするが必要なことには規制を

[業況予測]下降

本誌:2017年1.1号 43ページ

PAGETOP