WEB VISION OKAYAMA

業界大予測[情報通信]西日本電信電話岡山支店長 杉村豊誠氏

異業種コラボ進む 光30万回線達成へ

 2016年は「B2C」から「B2B2X」モデルに重点を移し、前年から始まった光アクセスのサービス卸「光コラボレーションモデル」の推進によるIoT時代のビジネス展開に向け、多くの「芽吹き」がある年だった。

 コラボ事業者はNTT西日本管内で約300社に上り、岡山の企業とのコラボサービスの提供も始まっている。また、岡山県内では02年3月に始まった光サービス「フレッツ光」が近く30万回線という1つの節目に届く見込みだ。

 17年は法人向け営業に一層力を入れ、さまざまな事業者とのコラボで我々が想定していない付加価値の高いサービスを提供し、ICTを通じて地域の活性化や課題解決に貢献していく。

[アベノミクスへの評価・期待]

地方への浸透を期待。ICTで成長戦略の一翼を担う

[業況予想]横ばい

本誌:2017年1.1号 29ページ

PAGETOP