WEB VISION OKAYAMA

業界大予測[レンタカー]岡山県レンタカー協会会長 梶谷俊介氏

需要拡大傾向続く 課題は外国人対応

 2016年は、瀬戸内国際芸術祭、岡山芸術交流などのイベントや、学会、体育大会が数多く開催され、外国人観光客の利用も徐々に増え好調だった。ビジネスでも地方に営業所を持たず現地でのレンタカー利用が定着しており堅調に推移した。

 17年はイベント、学会、大会の当たり年だった昨年から伸びが鈍化する可能性があるが、需要は根強く増加基調で、前年実績を超えるものと見ている。

 課題は外国人利用客への対応。ナビの多言語化や周辺の車に注意を促すステッカーを当協会で配布するなど対策を進めているが、事故を未然に防ぎ利用上のトラブルを回避するために、語学力のある人材の配置などを進めなければならない。

[アベノミクスへの評価・期待]

地域創生を通し地方が自立することを期待

[業況予想]上昇

本誌:2017年1.1号 63ページ

PAGETOP