WEB VISION OKAYAMA

業界大予測[スポーツクラブ]オーバル社長 西川良和氏

会員増五輪追い風 老朽化で修繕費大

 スポーツクラブ業界は、健康志向から団塊世代の高齢者層の利用に支えられ好調に推移している。子どもの会員数も、昨年のリオ五輪での選手の活躍に刺激を受けたほか、3年後の東京五輪に向けスポーツへの関心が高まり増加。20~30歳代の層も戻りつつあり、今年も会員増加が期待できる。

 一方で、施設の老朽化対策が喫緊の課題だ。20~30年前に建てられた施設が大半で、水を使うだけに劣化も進み修繕費がかさむ。また、会員増に対し人手不足も深刻で、運動指導員だけでなく事務員の確保も難しくなっており、労務費も上昇傾向にある。

 介護福祉分野とは指導員の派遣などで連携の動きが加速している。ニーズの多様化に対し、各分野の専門性を生かした協力関係が求められている。


[アベノミクスへの評価・期待]

長期政権で安定的な経済政策を評価し期待

[業況予想]上昇

本誌:2017年1.1号 69ページ
関連リンク:オーバル

PAGETOP