WEB VISION OKAYAMA

業界大予測[機械設計]瀬戸内エンジニアリング社長 丸山武司氏

航空機の投資活発 今年は地元に期待

 2016年は、全国的に製造業の設備投資が活発だったことから、産業機械・プラント設計も需要があった。地元では三菱自動車の燃費データ不正問題が尾を引き受注は少なかったが、国策として力を入れている航空機産業の設備増強が西日本に広がったことでカバーできた。また、3Dプリンターの普及で、設計会社が自社で試作品を手軽に作れるようになり仕事の幅が広がっている。

 17年も、引き続き航空機産業の投資が活発なほか、三菱自動車水島製作所をはじめ地元でも設備投資が見込まれており、業界として仕事量は増えそうだ。一方で、人口減少や若者の理系離れから人手不足感が強く、人材の確保とともに、社員の教育・育成が課題となっている。

[アベノミクスへの評価・期待]

中小企業への手厚い補助金制度で設備投資が活発化した

[業況予測]上昇

本誌:2017年1.1号 57ページ

PAGETOP