WEB VISION OKAYAMA

業界大予測[建築・土木資材卸]平松エンタープライズ社長 平松晃弘氏

建材需要は底固い 監理者不足が深刻

 2016年の建設業界は、土木が公共工事の減少で落ち込み市場規模が縮小した。建築は大型工事がなかったが、医療福祉施設など複数の中小型工事や、官公庁物件の耐震化などがありまずまずの水準だった。

 17年は公共工事がさらに減少するが、物流センターや一部再開発などの動きがあるほか、低金利を背景に住宅着工も増え全体では横ばい。建設資材の需要は底固く推移すると予想するが、収益面では厳しい。建材の仕入価格は高止まりしたままで、販売価格は競争激化で低下傾向にあるからだ。

 また、人材不足は依然深刻だ。職人だけでなく、最近は現場を監督する監理技術者の不足が顕在化している。受注増に向け人材確保に全力で取り組みたい。


[アベノミクスへの評価・期待]

景気回復の効果が地方にも及ぶよう期待

[業況予想]横ばい

PAGETOP