WEB VISION OKAYAMA

話題キリンビール岡山工場

新商品「のどごし〈生〉」 生産開始し西日本へ供給

  • 次々に生産される「のどごし〈生〉」

 キリンビール(株)岡山工場(竹内敏彦工場長)は、このほど、キリンビール初の新カテゴリー商品「のどごし〈生〉」の生産を開始。発売前から評判の商品だけに、生産現場は活気付いている。

 同商品は、麦芽、麦を一切使用せず大豆たんぱくと酵母エキスを使用した“第3のビール”。糖分を加え加熱するブラウニング製法を採用することで、すっきりしたのどごしとしっかりしたうまさを実現した。商品形態は350ml缶と500ml缶。価格はオープン価格。

 3月末時点の受注は、140万ケース。年間出荷目標の7%に届く勢いで、同社の人気発泡酒「淡麗〈生〉」の発売1カ月260万ケースの記録に迫る快挙という。

 岡山工場では約5億円を掛け大豆たんぱく溶解設備を新設し、万全の体制で関西以西の西日本エリアの商品を製造。竹内工場長は「新カテゴリーでナンバー1を目指す商品」と自信を持って高品質の商品作りに全力投球している。

PAGETOP