WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル両備バス

万博ツアー用バスを導入 車体にマスコットキャラ

  • 万博ツアー用にバス導入

 両備バス(株)(岡山市錦町7-23、小嶋光信社長、資本金4億円)は、このほど、愛知県で開催中の「愛・地球博」(9月25日まで)へのツアー専用バスを導入した。

 ボディーに公式マスコットキャラクターの「モリゾー」と「キッコロ」をデザイン。環境に配慮した万博のコンセプトに合わせ、タイヤには燃費効率の高いエコタイヤを使用し、内装は両備グループデザイン顧問の水戸岡鋭治氏がデザインした。

 30人乗りで車両価格は4800万円。既存車両をデザイン替えしたものと2台で、期間中の週末を中心に設定している5コース(片道所要時間は6時間弱)の主催旅行に使用する。

 同社が特定のツアー用にバスを導入するのは初めてという。ツアーについての問い合わせは両備フレンドツアー(電話・岡山226-1515)へ。

本誌:2005年4.11号 18ページ
関連リンク:両備バス

PAGETOP