WEB VISION OKAYAMA

特集ICT アイアットOEC

営業プロセス可視化で営業力UP 組織営業を可能にするSFA

  • 必要な情報をトップ画面で表示(グループウエア連動時)

 ㈱アイアットOEC(岡山市北区本町6-36、河田寿志社長、資本金5000万円)のSFA(営業支援)システム「WaWaFrontier(ワワフロンティア)」が企業が厳しい競争に打ち勝とうと営業資産を見直す中で注目されている。

 受注確度や進ちょく状況、売上利益規模などで日報に登録された情報を素早く呼び出せるほか、あらかじめ設定した条件に該当する情報を「SFAお知らせメッセージ」として表示することで対応漏れを防止。日報に対して上司や同僚、生産部門などが助言や指示を書き込める機能により、第三者の視点による気付きや先輩営業マンの経験、自分が持っていない情報を生かした組織営業を実現し成約率向上につなげる。

 また管理者側でも、各営業マンの案件がどのプロセスまで進んでいるのか、どのように行動したのか、何に時間を費やしているのかなどを一目で確認できる分析機能を搭載。適切な指示のもとで、営業マンが最大限に力を発揮できるという。

 同様のシステムでネックになる入力の負担も軽減。顧客、案件、日報の入力項目を自由に設定できるほか、ルートセールスの入力を簡素化する機能を搭載。スマートフォン、タブレット端末にも対応している。

 単独でも効果を発揮するが、グループウエア「WaWaOffice(ワワオフィス)」と連携させることで、顧客情報などより詳細な情報との連動で日報情報の価値を最大化できる。インターネット環境があれば導入可能なASPサービス。10IDからの導入が可能で通常版は1ID月額2000円。日報管理機能に特化したライト版が同1000円。詳しくはホームページへ。

PAGETOP