WEB VISION OKAYAMA

特集ICT ピープルソフトウェア

動画配信活用で業務効率化実現を 研修、TV会議などマルチに活躍

 ピープルソフトウェア㈱(倉敷市阿知1-7-2、木暮知彦社長、資本金9800万円)は、業務効率化・サービス向上ツールとしてライブ・録画映像配信システムを販売している。

 目的ごとに異なる商品を購入したりカスタマイズが必要だった映像配信システムにアンケート機能、視聴履歴管理機能、視聴制限を設定できるユーザー管理機能など多彩な機能を搭載。ライブ映像によるテレビ会議はもちろん空いた時間に何度でも受講できるスキルアップ研修、操作説明などの顧客サポート、情報発信など同システム1本でさまざまな用途に対応できるようにした。

 研修や会議のたびに社員を集める必要がなくなり、分かりやすいマニュアルで作業の効率化も実現。個人のレベルに応じた教育や顧客サポートの充実でサービスや営業力向上につなげる。また、ユーザー管理、視聴履歴管理機能を使い有料の通信教育事業を展開することも可能。アンケート機能をテストとして使えば習熟度も確認でき、すでに通信制高校などが採用している。

 メーンの映像配信システムには、軽く、画面レイアウトの自由度が高いシステムプロダクト㈱(岡山市)の「Gensee」を採用。価格は31万2000円(同時視聴5人)~。クラウドサービスにも対応する。

PAGETOP