WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル両備グループ

萌えキャラ社員「七葉院まゆせ」デビュー 3Dプロモーションを展開

  • 注目のバーチャル社員

 両備グループ(小嶋光信代表)は、3月8、9の2日間、岡山市北区大内田675のコンベックス岡山で「両備グループフェア2013」を開き、バーチャル社員の入社式を行った。

 岡山県が推進する「萌えろ岡山プロジェクト」に協賛し、オリジナルキャラクターづくりを企画。名前は社員から公募し、グループのコマーシャルソング「街は青春」のアナグラム(並べ替え)で「七葉院(しちはいん)まゆせ」に決まった。

 さらに、同キャラクターを3D化し、グループの経営理念「忠恕(真心からの思いやり)」の精神を持ったバーチャル社員として、観光部門などのプロモーションにも挑戦する。エンターテインメント系企業以外では珍しい試みで、辞令交付を終えた小嶋代表は「もっと多くの人に岡山を訪れてもらえるよう情報発信していきたい」と期待を語った。

 同フェアは、代表の補佐機関として1年間活動する「青年重役会」の提案で、53社のグループ企業によるシナジー効果発揮を狙い、顧客参加の還元イベントとして初めて企画した。部門ごとにブースを設け業務内容をPRしたほか、乗り物展示や和歌山電鉄・伊太祈曽駅から里帰りしたニタマ駅長との写真撮影会などイベントも行われ、2日間で1万人を超える来場があった。

PAGETOP