WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[健康] 森林浴の効用は

Q 友人から、健康増進のためにと「森林浴」に誘われました。森林浴はなぜ健康によいのでしょうか。

自律神経の正常化などに効果大

A 山歩きに最適な季節の到来ですね。昔から、森林内を歩くことでストレス解消や健康増進に効果があることは、体験的に知られていました。それをより積極的に心身の健康に活用していこうということで「森林浴」という言葉が1982年に林野庁によって生み出されたのです。さらに最近はその効果を医学的に分析し、より効果的に活用するために、同庁が主体となって「森林セラピー研究会」を発足し、様々な研究や、専門家の養成のための基盤作りが始まっています。諸外国では、既に「森林療法」を1つの治療として確立している国も多く、特にドイツでは健康保険の適用になるほど、医療として認知されています。では、森林浴はなぜ健康増進に効果があるのでしょうか。

それは

1.樹木から発散される「フィトンチッド」と呼ばれるテルペン系の芳香性物質による、自律神経系の正常化・沈静化作用や殺菌作用。

2.マイナスイオンによるリラクゼーション作用。

3.森林内の色・におい・音・肌触りなど五感から得られる心理的効果。

等が複合的に作用するためと考えられています。東洋医学にみても、森林内は、人体の機能を司る「五臓六腑」を養う、色や香りに満ち溢れており、その一部を漢方や芳香療法(アロマテラピー)として利用していることを考えると、自然の妙や偉大さに感動せざるをえません。日本は山国であり、国土の70%を占めている森林を活用しない手はないでしょう。古来より「里山」として身近な森林を活用してきた日本の偉大な文化を見直すことにより、心身の健康を取り戻すとともに、荒れ果てて様々な災害や水不足を引き起こす森林を、健康な状態に戻すことができるのです。森林を含めた自然環境が不健康なままで、人間だけが健康になろうなどと、虫がよすぎます。そして、このような「自然との共生」を根本に据え、生物としての人間の医療の枠を超えた「地球医療」こそが、これからの全ての「健康」のキーワードであろうと、私は真剣に思っています。

(株)オーパス代表取締役
東洋セラピストカレッジ学院長
本間 裕康氏
岡山市本町10-22
TEL086-231-9213

本誌:2005年10.3号 29ページ

PAGETOP