WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルエスパス岡山

新テナントで再出発 ポスト紀伊國屋に期待

  • 新たなランドマークビルに

 東洋ビルディング(株)(大阪市北区梅田1-1-3-1200、村上勝哉社長、資本金3650万円)が所有する岡山市中山下2-2-1の「エスパス岡山」が、10月1日、一部をリニューアルオープンした。
 
 同ビルは、381平方メートルの敷地に鉄骨9階地下1階塔屋4階(延べ3439平方メートル)の規模。

 1~5階には紳士服販売最大手の青山商事(株)(福山市)が「洋服の青山岡山総本店」を構える。店舗面積は1156平方メートルで、営業時間は午前9時から午後9時まで。6、7階は業界最大手インターネットカフェの「メディアカフェ・ポパイ」(店舗面積716平方メートル)、8階はエステサロンの「ジェット・スリム」(同283平方メートル、同17日オープン予定)、9階は紀伊國屋書店岡山店事務所(同214平方メートル)がそれぞれ入居した。

 同ビルは昭和48年3月に完成。今年4月に紀伊國屋書店岡山店が斜め向かいのNTTクレドビルに移転したため、新たにテナントを誘致し全館改装した。

PAGETOP