WEB VISION OKAYAMA

連載記事

[規制] 茶髪社員や口ひげ社員

Q 社員の中に「茶髪」に染めたものがいます。注意をしても、本人は平然としています。我社は、お客様の印象を非常に大切にしている会社です。どこの会社もそうだと思いますが、お客様が不愉快な気持ちになれば、当然、売上げに影響します。影響がないとしても信用が薄れる可能性もあります。茶髪に染めた社員に指示・命令で「茶髪」をやめさせることはできないのでしょうか? また、「口ひげ」も同様にやめさせることはできないのでしょうか?

解雇には悪影響を及ぼす具体的理由が必要

A 「口ひげ」には、裁判判例があり、判決の要旨は、『口ひげは、服装、頭髪等と同様もともと個人の趣味・嗜好に属する事柄であり、本来的には各人の自由である。しかしながら、その自由は、あくまでも一個人としての私生活上の自由であるにすぎず、労働契約の場においては、契約上の規制を受けることもあり得るのであり、企業に対して無制約な自由となるものではない。すなわち、従業員は、労働契約を締結して企業に雇用されることに伴い、労働契約に定められた労働条件を遵守し、その義務を履行することは当然である。従って、企業が、企業経営の必要上から容姿、口ひげ、服装、頭髪等に関して合理的な規律を定めた場合<中略>、右規律は、労働条件の一となり、社会的・一般的に是認されるべき口ひげ、服装、頭髪等も労働契約上の規制を受け、従業員は、これに添った労務提供義務を負うこととなる。』(イースタン・エアポートモータース事件 東京地裁昭和55年12月15日判決)となっています。但し、上記の判決も「異様・奇異なひげ、無精ひげ」に限られるとし、「口ひげ」をそる必要はないと結論しています。

「茶髪」の問題にせよ、企業経営の必要上から、規制に合理性があるかどうかが問われることになります。当然、合理性の有無は、業種や職務内容に応じて判断されます。

服装・身なりを支持・命令で規制するには、就業規則などの規定があり、具体的な理由が必要なのです。つまり、企業経営に悪影響を及ぼす具体的な理由、たとえば企業の信用、品格保持、実際に顧客からたびたび指摘される、担当者を替えてくれとの要求があったなど、相手に不快感を与えているという客観的な事実があった場合などが挙げられるでしょう。

双田社会保険事務所所長
双田 直氏
岡山市野田4-1-7
TEL086-246-6064

本誌:2005年10.3号 29ページ

PAGETOP