WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルセイキ林業

嫌なにおいをシャットアウト 樹液配合の消臭剤を開発

  • スプレー、据え置きなど5タイプを発売

 集成材、木製品販売などのセイキ林業(株)(津山市加茂町公郷1762-5、齋藤慶雄社長、資本金1000万円)は、このほど、樹液から作った天然植物性の抗菌、除菌、消臭剤を開発した。

 商品はスプレータイプの「マジックミスト」など5種類。据え置きタイプや少量の携帯タイプがある。スギ、ヒノキ、アーモンドなど120種類以上の樹液を配合し、フィトンチッド(森林浴効果)がたっぷり詰まっている。

 抗菌・除菌、消臭に効果があり、抗菌はカーテンや壁などに吹き付ければ、効き目が4カ月~半年間持続する。たばこやペットの嫌な臭いも除去する。純天然植物性で、塩素系の触媒や銀イオンは使用せず安全性に優れた商品。

 価格は据え置きタイプ800円、スプレー1300円、携帯用500円(いずれも税込み)など。今後、自動車ディーラー、薬局で販売する方針で、初年度2000件の顧客獲得を目指す。

 同社では1年半かけて製品化。目途がついた4月には、バイオ事業部を立ち上げ「消臭、抗菌に加え、害虫駆除など様々な用途が開発でき、将来性を見込める」と期待している。

本誌:2005年10.3号 23ページ

PAGETOP