WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル山本水産輸送

香川の運送会社取得 四国地区の事業拡大

  • 制約式で握手を交わす山本社長(左)

 ㈲山本水産輸送(岡山市中区倉田371-1、山本新吾社長、資本金1000万円)は昨年、12月1日、滝宮運送㈲(香川県)の全株式を取得し子会社化した。

 滝宮運送はトラック約30台を保有し、年間売上高は約4億円。山本水産が四国発着の仕事が増え、営業所の開設を検討していた際に、百十四銀行からの紹介を受け買収した。代表取締役に山本社長が就任し、福家健三前社長は顧問に就いた。従業員は全員継続雇用した。

 トレーラーや冷凍車を導入するなど事業の幅を広げ、2~3年後のトラック50台体制、年間売上高10億円を目指す。グループの運送会社4社合わせてトラック約330台となった。近く愛媛県の運送業者も取得する計画。

PAGETOP