WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル三菱商事など

ロボットで自動配送実験 玉野市街地の公道走行

  • クリーニング店で店員がロボットに荷物を預ける

 三菱商事㈱(東京都)、三菱地所㈱(同)、東京海上日動火災保険㈱(同)など6社と玉野市は、昨年12月4~11日、低速・小型自動配送ロボットの公道での走行について実証実験した。

 AIによるルート最適化技術を活用し複数の目的地を効率よく集配して回る無人配送の実用化を目指すプロジェクト。国の「成長戦略実行計画」に基づくもので、市街地の公道を走るのは国内初。

 移動手段のない高齢化地域への配送や配送業務の運転手不足の解消などが期待され、新型コロナでニーズが高まっている非接触型の新たな配送サービスにもつながる。

 ロボットが濡れて実験に支障をきたさないよう雨天が少ない玉野市に打診し実現した。

 ロボットは自動運転技術の開発を進める㈱ティアフォー(名古屋市)などが開発。積載量10㎏、時速3㎞。障害物を察知する赤外線センサー、遠隔監視用カメラを搭載している。初日の実験では原付きバイクのナンバープレートを付け玉野市役所を出発、市の担当者らが見守りながら近隣のクリーニング店、喫茶店を回った。10、11の両日は付き添わず市役所内から遠隔監視での実験を行った。

 三菱商事などは今回の実験結果をもとに、2月以降茨城県筑西市で実用化に向けた実験を行う。

PAGETOP