WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルファジアーノ岡山

キックオフセレモニー 開幕満員で1万人達成へ

  • 新ユニホームも披露

 ㈱ファジアーノ岡山スポーツクラブ(岡山市、北川真也社長)は、1月12日、イオンモール岡山でキックオフセレモニーを開いた。

 シーズンパス保有者をはじめファン約1200人が参加。北川社長は「野心ある若手の加入でJ1を目指す」と意気込みを述べた。2020年度の運営方針発表では、観戦料の値上げを断行し、補強はもちろん育成やトップチームの医療スタッフ充実などクラブの充実度を高める一方、シーズンパスの未観戦分の転売・名義変更システムを構築すると発表。前半戦は観客数が伸び悩みがちなことから、イベントの充実や導線の改善などにより一層注力するとし、「まずは2月23日の開幕戦を満員にしたい」と協力を呼び掛けた。

 その後、有馬賢二監督と選手が登壇。今季への意欲などを語り、会場を沸かせた。また、新ユニホームを披露した。

本誌:2020年1月27日号 15ページ

PAGETOP