WEB VISION OKAYAMA

ジャーナルエナジーフロント

経産省コンテスト優秀賞 福祉商品開発で評価

  • 介護者の腰痛を防止する移乗器具

 介護用品企画販売を手掛ける㈱エナジーフロント(岡山市南区内尾394-28、上田剛慈社長、資本金1500万円)は、経済産業省の「ジャパン・ヘルスケアビジネスコンテスト」のビジネスコンテスト部門で優秀賞を受賞した。

 同社は、てこの原理でベッドから車いすに乗せるなどの移乗作業を補助する器具「リフティ・ピーヴォ」、食べこぼしても水や油をはじくシャツなどを開発し販売。実用性とともに地元産デニムを使いファッション性を加えるなど独自の福祉商品を開発するモデルが評価された。

 また、当日は福祉関係のベンチャーを支援する同コンテストのサポート企業・団体127社が参加。このうち約30社が同社の支援に名乗りを上げた。商品開発、販路開拓などの具体的な提携の話は今後詰めていく。

 同社は今までビジネスプランコンテストおかやま最優秀賞、中国地域ニュービジネス大賞特別賞を受賞したが、全国レベルの受賞は初。上田社長は「全国に向け知名度も上がると期待し、さらに事業を発展させたい」と話している。

PAGETOP