WEB VISION OKAYAMA

ジャーナル地域商社せとのわ

ECサイト会社と連携 特産品販路開拓を支援

 ㈱中国銀行(岡山市)などが設立した地域商社の㈱せとのわ(岡山市北区本町2-5、小林靖典社長、資本金5000万円)は、昨年12月28日、地元企業の商品の販売を支援するため、ECサイト運営の㈱島と暮らす(兵庫県淡路市)と連携協定を締結した。

 島と暮らすは、せとうちDMO(広島市)の構成団体で金融機関、事業会社が出資し観光施設の整備などを支援する㈱瀬戸内ブランドコーポレーション(同)のグループ会社。瀬戸内地域の厳選生鮮・加工食品を掘り起こし販売している。せとのわは地元企業にブランディングに長けた島と暮らすを紹介することで、販路開拓と商品価値向上を支援。物産展の共同開催や地域資源の発掘、新商品の開発も協力して行う。

 せとのわは、昨年11月に同行や㈱山陽新聞社(岡山市)、㈱天満屋(同)の共同出資で設立した。㈱中国四国博報堂(広島市)、デザイン会社の㈱アイディーエイ(岡山市)も協力している。

PAGETOP