WEB VISION OKAYAMA

連載記事山田響子の魅力を引き出すコミュニケーション術

ビジネスの現場でまん延する不機嫌ハラスメント

 2020年6月、改正労働施策総合推進法(通称:パワハラ防止法)が施行されたことをきっかけに、さまざまなハラスメントに対する啓もう活動が盛んに行われたことも、2020年の大きな出来事の一つであったかもしれません。パワハラ、セクハラなどは広く認知されたハラスメントですが、じつはハラスメントには39もの種類があるとされています。そんな中、最近話題になったハラスメントがあります。それは、不機嫌ハラスメント(フキハラ)です。

 話題のきっかけは2020年11月22日いい夫婦の日に、HUFFPOSTサイトに掲載されたコラム「外では優しいのに家では不機嫌な夫。『フキハラ』には声をあげて、夫婦で話し合おう。」でした。些細なことで不機嫌な態度を取られ、自分が悪いのではないかと気に病み、家庭の中で顔色をうかがい言いたいことも言えない関係になってしまった妻。「不機嫌な態度をされることが苦しく、怖いと感じることもある。そして、この関係はハラスメントの加害者と被害者と同じだ」と泣きながら伝えたことで、夫との関係性に変化が見えるようになった、というこのコラムはTwitterで話題となりワイドショーで取り上げられるなど広く拡散されました。

 おそらく、このページを読んでくださっている多くの方が「あるある」とうなずかれたのではないでしょうか。夫から妻ではなく、妻から夫へフキハラされているよ!という声も多く聞こえてきそうです。そして、ビジネスの現場にももしかしたらフキハラがまん延してはいないでしょうか?

 「不機嫌」または「不機嫌を装うこと」によって、周囲をコントロールすることは、とても簡単なテクニックです。しかしとても幼稚なコミュニケーションといえます。似たようなものに「落ち込む」「悲しむ」というものもあります。落ち込んでいる人にはこれ以上言えないという空気になってしまったり、あの人は可哀想な状況だからと言えない状況を作っていたり、というものです。そのような状況を演出して、周囲をコントロールするということがあります。本人が自覚的にそうしていなかったとしても、うまくいった手を繰り返して使うようになってしまっているのかもしれません。それはまるで、スーパーで駄々をこねたらお菓子を買ってもらえることを覚えた3歳児と同じです。

 アドラー心理学では「泣いている赤ん坊がこの世で一番強い」と言うのですが、弱さのアピールは最強であるとも言えるのです。もしもあなたが不機嫌ハラスメントをしてしまっているかもしれないと思ったら、そんな幼稚な手法を使わなくても自分の要求と相手の状況の双方の歩み寄りを構築する、成熟したコミュニケーションがきちんと取れるのだと自分を信じてほしいのです。

 そして、もしもあなたがフキハラの被害者だったら、不機嫌を振り回してあなたをコントロールしようとする、その人の望む行動をしていないか振り返ってみてください。不適切な行動で、望む結果を得てしまったら、その不適切な行動を繰り返すようになる。だからその不適切には注目しない。これがアドラー心理学の考え方です。

 そして、相手の機嫌は相手のもの。どんなに頑張っても相手の機嫌をコントロールすることはできない。だから、相手の機嫌に責任を感じることもないし、責任を取ることもできない。相手の感情は相手のもの。そう考えるのが、アドラー心理学の軸となる「課題の分離」という考え方です。もしも、注目しないことができないのであれば、率直に「自分の」気持ちを伝えてみる努力もしてみてください。

 わたしにはあなたのその態度がとても不機嫌に見える。その不機嫌な態度をみているといつも自分が責められているような、そんなとてもつらい気持ちになる、と。あくまで「自分の」気持ちを伝えてみることにチャレンジしてみてほしいのです。つい「あなた」のその態度がつらい。だから「あなた」のその態度をやめてほしい。と、あなたを主語にして伝えがちですが、そうすると相手も「責めてきた」と思ってしまうので歩み寄る前にファイティングポーズを取る結果になってしまいます。

 コミュニケーションに近道はありません。丁寧に自分の気持ちと相手の気持ちをすり合わせていくことしかないのです。

本誌:2021年1月18日号 19ページ

PAGETOP