WEB VISION OKAYAMA

ニューフェイス㈱日本政策金融公庫岡山支店中小企業事業統轄 平塚雅弘氏

民間金融と連携し企業支援 訪問増やし信頼関係構築へ

  • 平塚雅弘氏

 □「新型コロナで地域経済は大きな転換期。企業の事業再構築、成長分野への進出、海外展開などコロナ後を見据えた前向きな取り組みを応援していきたい」―。3月25日付で就任した。前任地は北海道旭川市で広大なエリアを担当。片道5時間かけての企業訪問もいとわない行動派で、「岡山でも感染防止を考慮しながらできるだけ企業を訪問したい」と言う。

 □コロナ禍で取引先の経営改善、事業再生支援が重要課題で、資本性ローンなど支援メニューを拡充。特に事業再生は岡山支店が中四国地域の拠点で役割は大きい。自身もかつて本部で再生支援に従事してきた。「企業の実態を把握しているのは民間金融機関で協調融資など連携を強化、それぞれの強みを生かし取り組む」と話す。事業承継の支援にも注力、「経営者の私的な問題も絡むだけに信頼関係をしっかり築いていきたい」と言う。

 □若手が多い職場で「岡山県は製造業をはじめ幅広い業種があり、職員にしっかり現場で経験を積ませ知識を増やし地域に還元したい」という。また、女性活躍推進にも積極的に取り組む。「仕事をしやすい環境を整え女性ならでは気付きを生かしていく」方針だ。岡山勤務は初めて。「歴史のある地域」という印象で、「休日は神社を巡り御朱印を集めたい」と楽しみにしている。

ひらつか・まさひろ。栃木県足利市出身。1992年早稲田大法学部を卒業し旧中小企業金融公庫入庫。企業支援部支援企画グループ長など歴任。前職は旭川支店長兼中小企業事業統轄。趣味は散歩。埼玉県の自宅に妻と1男を残し岡山市内で単身生活。2男は独立。52歳。

PAGETOP