WEB VISION OKAYAMA

連載記事なんでもQ&A[知的財産]

製造方法の特許

 Q 新しい製品を製造する方法を開発しました。この製品はこれまでない物ですが、製造方法を確立するのに苦労したので、製造方法の特許を取得したいのですが…。

 A 製品(物)に関する特許権者は、その製品(物)の生産、使用、譲渡等(譲渡・貸渡)、輸出若しくは輸入又は譲渡等の申出(譲渡等のための展示を含む。)をする行為を業として独占することができます。このように、製品に関する特許権がカバーする行為は、その製品がどのような製造方法で生産されたかを問わず、この製品に関して考え得るほとんどの行為を含んでいることから、この製品に関する他人の行為を極めて効果的に抑え込むことができます。

 他方、製造方法(生産方法)に関する特許権者は、(1)その製造方法を使用する行為と、(2)その製造方法により生産した物の使用、譲渡等、輸出若しくは輸入又は譲渡等の申出をする行為と、を業として独占することができます。このように製造方法に関する特許権がカバーする行為は、その製造方法が用いられていることが条件になっています。

 このように物(製品)についての特許権では、自社製品と同じ物を他人が譲渡等した場合にはその製造方法を問わず権利行使(行為を禁止等)できるのに対し、製造方法についての特許権では、その物が自らの特許に係る製造方法であることを証明(困難を伴うことが多い)する必要があり、『特許は物でとるべき』とよく言われます。

 特許出願前に日本国内において公然知られていない物を製造する方法について特許されているときは、その物と同じ物はその製造方法により製造したものと推定する規定(生産方法の推定)や、特許訴訟における査証制度等により、製造方法の特許権行使を容易にするよう図っていますが、やはり物の特許権の方が強いと言えます。

 ご相談の例では、製品自体も新しいもののようですので、製品(物)に関する特許権を取得するようにしてはいかがでしょうか。このとき製造方法に関する特許権も一緒に取得できますので、ご検討ください。なお、苦労して見いだした製造方法を他人に知られたくないようでしたら、この製造方法は秘密にしておくこともできます(秘密にする場合は不正競争防止法の営業秘密管理や先使用権確保についてご検討ください。)。

本誌:2021年1月18日号 21ページ

PAGETOP