記事検索 ■カテゴリ ■フリーワード入力欄

特集

相続関連ビジネス活発化

金融機関は信託業務を拡大 アパート以外の活用策提案

 岡山県下で相続への関心が高まり、関連ビジネスも依然好調に推移している。相続税法改正で課税対象が広がったほか、“争続”問題がクローズアップされ今まで相続対策に無縁だった一般家庭でも関心が高まったため。また、各家庭で家族構成、資産内容などの事情が異なるため、ニーズも多様化、複雑化している。それに対し、金融機関や企業側もサービス内容の拡充、高度化を図っている。

<<続きはログインしてから閲覧ください>>
URL: 中国銀行
トマト銀行
おかやま信用金庫
本誌: 2017年10.16号 20ページ
 
 
戻る
 
  • 企業年報
  • ebooks
  • WebVision